バレにくいと評判!KUJIME式ダブルトリートメント豊胸術とは?

豊胸手術を考えている皆さん、「KUJIME式ダブルトリートメント豊胸術」という手術について聞いたことはありますか?これは共立美容外科で行われているオリジナルの豊胸手術で、仕上がりがとてもナチュラルなことで話題を呼んでいます。どのような手術なのか詳しく紹介します。

バレにくいと評判!KUJIME式ダブルトリートメント豊胸術とは?

より自然な胸を目指す!
KUJIME式ダブルトリートメント豊胸術

KUJIME式ダブルトリートメント豊胸術の最大の特徴は、その自然な柔らかさ。なぜこのような感触を得られるのでしょうか?

KUJIME式ダブルトリートメント豊胸術の特徴とは

「豊胸手術を受けたいけれど、ちょっと心配…」という人にとって特に気になるのは、手術によってバストの形や触り心地が不自然にならないかといった点ではないでしょうか。

昔は豊胸手術というと、パラフィンやシリコンを直接胸に注入し、それゆえ多くの女性が後遺症に悩まされたものです。

その後、シリコンや生理食塩水をバッグに閉じ込めた、インプラントを入れる方法へと改善。それでも圧力で破裂したり、中身が漏れたりする事故も少なからず発生していましたし、形や手触りもやはり不自然さが否めないものでした。

KUJIME式ダブルトリートメント豊胸術は、この気になる点を2段階に分けて手術を行うことで解消しました。その結果、まるで本物の胸のような形や感触が得られ、不自然さを最低限に抑えることができたのです。

共立美容外科による研究の技術

KUJIME式ダブルトリートメント豊胸術は、共立美容外科の久次米CEO兼総括院長により、約20年間にもわたって研究されてきた技術を活かしています。この技術により、手術後に感じる胸の感触が本物に近づき、胸の硬さを感じる意識の割合も約20%から5%へとダウン。

ただ大きくする手術ではなく、あくまで自然な仕上がり、手術をしたということが解りにくい仕上がりになることが、豊胸手術に対して不安を持つ人にとっては、うれしいポイントなのではないでしょうか。

KUJIME式ダブルトリートメント豊胸術の仕組み

KUJIME式ダブルトリートメント豊胸術はどのような段階を経て行われるのかについて、詳しく説明します。

まずは、胸に共立美容外科独自のシリコン入りバッグを入れます。

これはマッサージレス・テクスチャータイプと呼ばれるバッグです。通常、豊胸手術後は癒着を防ぐためバッグの位置が固まってしまわないようマッサージが必要なのですが、これは名前の通りマッサージは不要というもの。

このバッグを挿入する際は、なりたい胸のサイズよりひと回り大きいものを入れることで、周囲の組織を伸ばすことができます。

そして、その後3ケ月程度でバッグの周りに皮膜ができてくるので、皮膜を残してバッグを取り出します。その皮膜の中に今度はなりたいサイズに合ったシリコンバッグを入れて、手術は終了です。

手術の前に抑えておきたいポイント

KUJIME式ダブルトリートメント豊胸術は2段階の手術を経ることで自然な見た目を得られますが、そのメリット・デメリットも知っておきましょう。

KUJIME式ダブルトリートメント豊胸術のメリット

メリットは、やはり自然な仕上がりであることが挙げられます。

これは1回目の手術後できた皮膜よりも、2回目の手術で入れるシリコンバッグが小さいことで、バッグが皮膜の中を動くことができるため得られるのです。手術が1回だけだとバッグの動きが少ないので、バストの手触りや揺れ方に不自然さが生まれてしまうのです。

また、2回目の手術で入れるシリコンバッグは、米国から輸入されたコヒーシブシリコンバッグを挿入します。これは中身の粘性が高く、万が一バッグが破裂しても周囲に流れ出しにくく、まとまって留まるという特性を持っています。もちろん完全滅菌されており、感染症の心配もありません。

KUJIME式ダブルトリートメント豊胸術のデメリット

デメリットとして挙げられる点は、1回目と2回目の手術を合わせると160万円程度と、単なるシリコンバッグ挿入手術が100万円位なのに比べると料金がやや高くなる点です。

しかし、自分から取った脂肪を遠心分離機にかけ注入するコンデンスリッチ豊胸術でも170万円位かかりますので、KUJIME式ダブルトリートメント豊胸術だけが高価とも言えないのではないでしょうか。

どのタイプの手術を選ぶのかは、得られる結果と費用をよくよく比較検討して決めましょう。

共立美容外科での豊胸手術を選んだ人の口コミ

どのような手術を選ぶか迷っている人にとって、実際に手術を受けた人の生の声ほど参考になるものはありません。実際に共立美容外科でバッグタイプの豊胸手術を受けた人の口コミを、いくつか見てみましょう。

【らんちゃん(30代)】

「豊胸バッグの種類が豊富で、胸の形や大きさなど親身に聞いてくれると聞いていたので。また、受ける前にホームページの動画を見て、傷口が目立たなくなってたから。それに痛くないともきいていたので、こちらを選びました。」

「とても満足しています。バッグなのに、とても自然な柔らかさで、前回と質感が全然ちがいました。」

「万が一破れても中身が出ないそうなのでその点も安心しています。無事手術が終わって怖かった手術後の痛みもそれほどなく、受けて良かったと思います。」

(引用サイト:美容医療の口コミ広場
https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1100312/report_monitor_detail/5831

【かのさん(40代)】

「バッグ式豊胸術を受けました。かかった時間は、2時間くらいだったと思います。術後の痛みは、我慢できる程度でした。口コミを見てみると、もう痛くて痛くて仕方ないのかと思っていたので、痛みがそれほどになく驚きました。少しはありますが、激痛ではないです。筋肉痛のような痛みです。」

「iPadを使って、説明をしてくださいました。症例写真なども沢山見せていただいて、カップの大きさの良し悪しの部分のお話などもしてくださいました。親身にカウンセリングしていただき、とても良い印象でした。」

「胸の痛みは弱い痛みはありましたが、痛いなぁ程度で激痛ではなかったです。一週間くらいは、腫れはありましたが、徐々に落ち着いていきました。ワキの下の抜糸は、約1週間後にしました。」

(引用サイト:美容医療の口コミ広場
https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1100312/report_monitor_detail/5832

まとめ

豊胸手術には種類がありますが、ヒアルロン酸注入や脂肪注入に比べると、はっきりとサイズアップできるのがバッグタイプ。しかし手触りの固さや、横になっても胸が盛り上がったままといった不自然さが気になる人も少なくないようです。そこで注目したいのが、KUJIME式ダブルトリートメント豊胸術。自然な仕上がりにきっと満足するのではないでしょうか。豊胸手術に興味がある人は、ぜひ視野に入れてみて下さい。

TOPへ戻る