体験者の口コミで選ぶ!本当に腕のいい豊胸手術クリニック人気クリニック一覧

豊胸手術の基礎知識

豊胸手術の種類

おすすめ豊胸手術クリニック

豊胸手術クリニック
総合ランキング

ダウンタイム、値段などコンデンスリッチ豊胸で知っておきたい3つのポイント

数ある豊胸手術の中でも、自分の脂肪を注入するので安心感があり、安全度も高めなコンデンスリッチ豊胸。切開しないのでダウンタイムが短いと言われていますが、実際はどの程度ダウンタイムが必要なのでしょうか?また、切開に比べて痛みなどの不具合は?コンデンスリッチ豊胸についてのあれこれをまとめてみました。

ダウンタイム、値段などコンデンスリッチ豊胸で知っておきたい3つのポイント

もっと詳しく知りたい、コンデンスリッチ豊胸

自分の脂肪を使うコンデンスリッチ豊胸は、体に負担をかけないことで選ぶ人が増えている豊胸手術です。どのような特徴があるのか、今一度確認してみましょう。

他の豊胸施術と比べてこんな特徴が

サイズを大幅にアップしたい人にとっては、シリコンや生理食塩水が入ったバッグを入れる豊胸術は、結果がはっきり感じられるので根強い人気があります。しかし手触りが今一つだったり、形が不自然になったりというデメリットが発生することも。

最近は、腋や胸の下線位置から注射針でヒアルロン酸を注入する豊胸術も人気です。手術時間も短く、翌日から仕事ができるほどダウンタイムも短いため、プチ整形の感覚で受ける人が多いようです。

しかし、ヒアルロン酸は時間の経過と共に吸収されてしまい、約1年も経たずに元のサイズに戻ってしまうというのがデメリット。そしてしこりが発生するリスクもあり、かつ感触がやや固く、胸がもともと小さい人はそれが更にはっきり感じられる点も気になります。

その点コンデンスリッチ豊胸は、自分の太ももやお腹の脂肪を吸引し、それを胸に注入することによって胸を大きくする方法なので、異物を入れないという安心感が得られます。シリコンバッグを入れる方法と違って切開が必要ないので、手術に抵抗がある人にとってはとっつきやすい方法ではないでしょうか。

入れるのは脂肪なので本物の胸のような感触が得られますし、見た目もごく自然。

同じように脂肪を注入する方法としては、脂肪と脂肪から取り出した幹細胞を注入するセリューションという豊胸方法もあります。しかしセリューションは脂肪を取り出すため時間がかかりがちで、脂肪が劣化してしまうという報告も。手慣れた医師にお願いすることが肝心です。

他には、特殊なフィルターで脂肪から不純物を取り除くピュアグラフトという方法もあり、こちらは脂肪の精製度が高いので、定着しやすいと言われています。これもシリコンのような異物と違って自分の脂肪を入れるので、しこりになることも少なく、安全度の高い豊胸手術と言えるでしょう。

病院選びには生着率の高さにも注目

従来から脂肪を注入する豊胸手術はありましたが、それと異なるのは生着率の高さ。

なぜならば、注入した脂肪すべてが定着するわけではないからです。手術後すぐの胸のサイズは大きめに感じられますが、時間の経過とともにサイズはやや小さくなって落ち着きます。

コンデンスリッチ豊胸においては、吸引した脂肪を遠心分離機にかけますが、その際通常の遠心分離機の25倍もの圧力をかけることで、死んだ細胞や老いた細胞を取り除くことが可能。

その結果、健康な細胞のみが残ることで、脂肪が「コンデンス=濃縮」されて質がアップし、約80%もの生着率を得られることができるのです。病院を選ぶ際は、この生着率の高さを基準にしてみてはいかがでしょうか。

再手術が必要な場合はどうしたら?

コンデンスリッチ豊胸によっても希望のサイズが得られなかった場合、再手術として再び脂肪を注入する方法があります。

しかし、何度も脂肪を注入するには必要な脂肪が取れるという条件が必要で、そのため太ることをアドバイスされることもあるようです。となると充分な脂肪が取れにくいという点においては、痩せ型の人には再手術はお勧めできないということになります。

いずれにせよ担当の医師への相談は不可欠ですので、手術後の検査やカウンセリングの際に問い合わせてみましょう。筋肉質だったり脂肪が少なかったりする体質だと、手術そのものが難しい場合もありますので、ご注意を。

コンデンスリッチ豊胸を選ぶ3つのポイントとは

コンデンスリッチ豊胸は、他の豊胸手術に比べてどのような点が良いのでしょうか。選ぶに値する3つのポイントを挙げてみましたので、ご自分でも情報を集めてみて下さい。

コンデンスリッチ豊胸のダウンタイム

コンデンスリッチ豊胸手術後の抜糸は約7日後で、内出血が2週間程度見られることがあります。脂肪を採った箇所に腫れが約1〜3週間見られることも。となると平均的なダウンタイムは、最低でも2〜3週間となる可能性があります。

実際に手術を受けた人の口コミによると、ダウンタイムは2週間程度で済んだという人もいるようです。傷はせいぜい1cm程度なので、手術後の回復も早くて済み、仕事をしている人にとってはありがたいですね。

コンデンスリッチ豊胸の痛みや不具合

手術後の痛みには個人差があるようですが、傷口が小さいためか、口コミを見ると耐えられないといったほどではないようです。もちろん手術中は麻酔が効いているので痛みはありません。手術後の痛みは1週間程度続きますが、これには個人差があります。

不具合といえば、入浴は10日前後経たないとできません。

見た目の問題は、最初のうちは腫れがありますが数週間で収まり、更に2〜3週間経つと自然な見た目になっていきます。

そして脂肪がすべて定着するわけではないため、仕上がりのサイズが予想しづらい点は不具合として挙げられるかもしれません。そのためシリコンバッグを入れる方法に比べると、数サイズアップという大きな変化は得られないことを知っておきましょう。

コンデンスリッチ豊胸の値段

コンデンスリッチ豊胸の手術費は、約90~170万円。普通の脂肪注入手術が約40~70万円のところ、やや高く感じる人もいるかもしれません。

しかし脂肪注入手術の中では高い定着率を誇る方法なので、結果を考えると選択肢の一つに入れておいても良いかもしれません。

ちなみにセリューションは幹細胞を取り出す手間もあるためか約110~150万円と高く、ピュアグラフトは約60~90万円と比較的安くなります。

まとめ

コンデンスリッチ豊胸は自然な仕上がりが持ち味ですが、シリコンバッグを入れる手術のように、バストを数サイズ大きくすることは難しい方法です。定着する度合いも個人で異なるので、自然な見た目と触り心地を到達点とする人向けの豊胸手術と言えるでしょう。

TOPへ戻る