シリコンバックについて

画像

シリコンバッグを挿入する人工乳腺法は、かつて豊胸手術の主流でした。約10年間という長期にわたりバストアップ効果を維持できるのは、人口乳腺法のメリットです。しかし、シリコンバッグの挿入には、デメリットも存在します。すでに手術によってシリコンバッグを挿入した方が、デメリットによって豊胸バッグを取り出すケースも少なくありません。そんなシリコンバッグ挿入には、下記のような注意しておきたいポイントがあります。

  • ・お胸に違和感が生じることがある
  • ・加齢によりお胸の形が崩れることがある
  • ・シリコンバッグが破損することがある
  • ・バストが固くなることがある
  • ・人によっては体内に異物を入れることに抵抗がある
  • ・乳がん検診を受けられない

シリコンバッグを挿入すると、マンモグラフィーによる乳がん検診を受けられなくなります。そのため、エコー検査による乳がん検診を行っている医療機関にて、検査を受ける必要があります。乳がんの発生率は加齢とともに高まる傾向にありますから、豊胸手術後はエコー検査を実施しているクリニックを探して、定期的に検診を受けるようにしましょう。

すでに挿入したシリコンバッグは、手術によって取り外すことができます。豊胸バッグを除去するときの手術は、挿入するときの手術よりも小さめの傷で済む上に、抜糸も比較的簡単にできるようです。長い目で見てシリコンバッグの身体への影響が心配になった方は、除去することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

TOPへ戻る