体験者の口コミで選ぶ!本当に腕のいい豊胸手術クリニック人気クリニック一覧

豊胸手術の基礎知識

豊胸手術の種類

おすすめ豊胸手術クリニック

豊胸手術クリニック
総合ランキング

豊胸手術と後遺症

手術を考えたときに気になるのが後遺症。激しい後遺症があるわけではなりませんが、体質によっては、後々まで傷などが残るようなケースもあるので、よく考えて決めましょう。一般的には以下の3つがあげられます。

1.ケロイド体質の場合、傷が残る
傷の跡が残りやすいケロイド体質の方の場合、切開後の傷跡が盛り上がったように残ってしまうケースがあります。ケロイドは生まれつきの体質によるものが大きいので、豊胸だけでなくあらゆる切開や手術で起こりうることですが、豊胸では特にデリケートな部分ですので、切開の跡が残るケースがあることを事前に承知しておくことが必要です。ですが、最近ではできたケロイドをレーザーなどで消すような施術もあるようです。自分の体質やリスクをよく理解しましょう。
2.術後の痛み
手術の後の痛みについては患者それぞれ。あまり痛みを感じない人もいれば、痛みを強く感じる人も。術後は寝ているのも起きているのもつらい、という人もおり、痛みだけではなく、息苦しさや倦怠感などを感じる人もいるので、そのいったケースがあることを、事前にしっかり理解して挑みましょう。また、術後数年後でもシリコンパックの劣化などにより皮膚が引きつるような痛みを感じるケースもあります。また、パックを入れた場所に寄っても痛みが違っていたりというケースもあるようです。一般的には、大胸筋下よりも乳腺下の方が痛みが軽いという説もあります。
3.レントゲン検査ができない
シリコンパックなどを入れている場合、乳がん検査のマンモグラフィーや各種レントゲン検査が不可能となる病院が多数あります。シリコンパックが白く映り込むため、正確な診断ができないという理由からです。とくに大胸筋下のパックはレントゲンに映り込みやすいとのこと。超音波などのエコー検査をしてくれる婦人科探しなどが必要となります。

朝と夜、正しく洗顔を行い、肌を清潔な状態に保ちましょう。

TOPへ戻る