豊胸手術と保険の関係

画像

これから豊胸手術を受けるという方は、それなりに高額となる手術の費用について、心配していらっしゃるのではないでしょうか。もしも豊胸手術に健康保険や医療保険を使うことができたら、負担が少なくなって安心ですよね。

しかし、豊胸手術は医療目的の手術ではなく、美容目的の手術となります。したがって、手術費用に健康保険や医療保険を適用することはできません。クリニックなどの医療機関で受ける手術であっても、その目的によっては保険を適用できないことがあります。たとえば、豊胸手術の他にもエステ・脱毛・スパなどがその一例です。

ただし、クリニックの中には豊胸手術の費用をローンで支払いしたり、カード払いをしたりする制度が用意されているところがあります。保険を適用することはできませんが、一括で支払いをするのが難しい場合には、こういった制度を活用して無理なく料金を支払うことができます。

豊胸手術の費用は、手術の方法や切開する部位によって大きく異なります。たとえば、シリコンバッグの挿入では75万円~、脂肪吸引法では140万円~、入院費用は3万円~、内服薬は数千円~といったコストがかかります。それに加えて、アフターケアや再治療の費用がかかることも予想されます。

  • ・シリコンパック 75万~
  • ・脂肪吸引+注入 140万~
  • ・脇の下の方が乳房下を切開するより高額(傷が目立たないが乳房より遠いため)
  • ・入院費(3万円〜)や内服薬(数千円~)
  • ・場合に寄ってはアフターケアや再治療など

健康保険や医療保険が適用できない豊胸手術。だからこそ、手術やアフターケアにかかる費用についてはあらかじめカウンセリングで確認し、手術に同意する前に理解しておく必要があると言えます。

TOPへ戻る