豊胸手術の基礎知識

画像

豊胸手術とは、美しいバストを手に入れたい女性のための手術です。しかし、手術を受ける前には不安がともなうでしょうし、手術には少なくともリスクが存在します。ここでは、そんな豊胸手術の基礎知識をご紹介します。

日本における豊胸手術の歴史は、1950年代から始まりました。つまり豊胸技術とは、すでに60年以上も続いている技術ということです。この間に、豊胸手術による副作用や、使用されていたシリコンの発がん性が認知されました。それに対してさまざまな改善がなされ、昨今では格段に技術が進歩し、リスクが抑えられるようになっています。

このように長い歴史の中で安全性を向上させてきた豊胸手術は、現代ではより多くの女性が受けられるものになりました。お胸の大きさや形に悩みを抱えていらっしゃる女性に、より広く受け入れられるようになってきたのです。

豊胸手術の流れとは?

  • 1.カウンセリング
    まずはクリニックで、豊胸手術の方法やリスクについての説明を受けます。どのような仕上がりを希望しているのか、どのような点が不安なのか、どのような疑問があるのか、あらかじめカウンセラーにきちんと伝えておくようにしましょう。
  • 2.手術への同意
    カウンセリングで豊胸手術の方法やリスクについて説明を受け、納得できたら手術への同意をします。同意書にサインをしたら、血液検査などの事前準備を行うとともに、仕上がりイメージについてさらに具体的に相談していきます。
  • 3.手術
    麻酔をした上で手術が実施されます。豊胸手術の麻酔は、局所麻酔が一般的です。豊胸手術の方法によって、手術にかかる時間が異なりますから、事前に確認しておきましょう。脂肪注入やヒアルロン酸注入の場合は、注射での注入が行われます。シリコンバッグ式の場合は、わきの下を数センチメートル切開してバッグを挿入します。所要時間は1~2時間半で、手術当日に帰宅できることがほとんどです。
  • 4.術後処置
    豊胸手術後は、ガーゼ交換・バストマッサージ・抜糸をはじめとした術後処置のために通院が必要となります。手術の傷やお胸の状態が落ち着くまでには、多少の痛みが生じることがあります。また、バストが拘縮を起こし、お胸の触り心地や見た目が変化することもあります。
  • 5.経過観察
    豊胸手術を行ってから1カ月程度は、なるべく激しい動きを避けつつ、経過観察をします。医師から禁止された運動などは避けるようにしましょう。お胸の状態が回復するまでは、クリニックへの定期的な通院が必要となります。

豊胸術の種類

  • 1.コンデンスリッチ豊胸術
    コンデンスリッチ豊胸術は、自分の身体から採取した脂肪を注入する豊胸技術です。新鮮な脂肪を外気に触れないように遠心分離にかけ、不純物を除去します。このように最新の濃縮技術によって生成された清潔な脂肪を注入できるのが、コンデンスリッチ豊胸術の特徴です。

    コンデンスリッチ豊胸術は、アメリカFDAの認可を受けた手術方法です。コンデンスリファット協会の認定を受けたクリニックでしか施術を受けることができません。このような安全性の高さも、コンデンスリッチ豊胸術の人気の理由と言えるでしょう。

    コンデンスリッチ豊胸術では、従来の脂肪注入によるしこり・石灰化・脂肪壊死といったリスクをより抑えられるというメリットがあります。また、やせ型から肥満型まで、あらゆる体型の女性に施術可能です。さらに、80%という高い定着率を誇り、手術にかかる時間は従来の豊胸手術の半分となっています。身体への負担が少なく、安全性が高い豊胸技術です。
  • 2.ヒアルロン酸注入法(注射法)
    ヒアルロン酸注入法とは、わきの下の目立ちにくい部分から、バストへヒアルロン酸を注入する豊胸技術です。注入するヒアルロン酸の量によって、仕上がりのお胸の大きさを調整することができます。メスを使用しないため、手軽に施術を受けられるのが魅力です。また、手術にかかる時間は左右合わせて10~30分と、他の豊胸手術と比較して短時間となっています。
  • 3.人工乳腺法(バッグ挿入法)
    人工乳腺法とは、お胸に豊胸バッグを挿入する豊胸技術です。豊胸バッグの種類は、素材から大きさまで幅広いタイプが用意されています。予算や仕上がりイメージから、もっとも自分の希望に合った豊胸バッグを選択しましょう。手術後は当日に帰宅可能で、万が一入院が必要となった場合でも、入院期間は1日程度とごく短期間です。人口乳腺法では、約10年間にわたりバストアップ効果を持続することができます。
  • 4.脂肪注入法(脂肪幹細胞注入法)
    脂肪吸入法とは、太もも・お尻・お腹から脂肪を吸引し、バストに注入する豊胸技術です。自分の身体から抽出した脂肪に、幹細胞と成長因子(自己多血小板血漿)を加え、定着率を高めています。豊胸のための脂肪吸引を行うため、身体の気になる部分の脂肪を取り除くことができます。脂肪注入法では、身体が異物反応を起こす心配がなく、身体への負担が少ないと考えられています。また、自然な仕上がりもメリットのひとつです。

TOPへ戻る